パチンコにはまっていました

大学生の時、何もすることがない時はパチンコにはまっていました。更にお金がなくなり、これまた大変なことになるんですけど。例えば親からの仕送り5万円、アルバイトで5万円、これを土日の暇な時間にパチンコ屋さんで消費するわけです。そんなに持っていないので平台かな。でも仕送り前にはお金は少なくなってきます。少なくなった時、はたと気がついて、バス代が1日400円、残りを考えると1日400円でやって行く。。。ということになり、結果食費を切り詰めるんですね。お昼用に週末はご飯を炊いて冷凍する。サイズはお弁当サイズで。お惣菜を2つ作ってこちらはパックに保存。そして平日の朝ごはんはめちゃくちゃしょぼいものになります。大抵は小麦粉を水で溶かしてクレープ状に焼く、お金があればお砂糖を混ぜれるし、ストックがあればイチゴジャムが載せられます。結構美味しくて、どうやったらクレープが分厚くなっておしゃれになるかなとか、無駄なことを考えていました。夜は先輩のお家にお邪魔しておごってもらうとか、ほんと貧乏イコール食事に困るってことですよね。無駄遣いせず、オシャレに生きていきたいし、ここ最近はパチンコに行かなくても充実しているので、特に無駄遣いはしていません。でも、貧乏時代のクレープが懐かしくなることがあります。

 

  • 2015/02/07 06:18:07